シラバス参照

科目コード 8031060 
科目名 情報ネットワーク学 
科目名英字
Computer Networking 
学期・曜日・時限
前期 /火曜日 /5・6時限 
単位数
条件
選択 
対象学年
3年次 
授業形式
講義 
時間
30 
担当教員名
【担当教員名】 【所属名】 【学室番号】 【電話番号】
藤原 克哉  情報工学  工5-505  2775 
オフィスアワー
【曜日・時間】 【場所】
水曜日11:00-12:00  工5-505 



授業の
目的・概要
コンピュータネットワークのアーキテクチャと構成技術を学ぶ。具体的には、インターネットの実用技術を対象として、ネットワークのアーキテクチャと構成、ハードウェア技術、ソフトウェア技術、プロトコル技術について理解を深める。 
達成目標
(1) インターネット(LANを含む)のアーキテクチャとその基本構成について説明できる。
(2) ネットワークの機能階層モデル(OSI参照モデルなど)について、その概念と各階層の機能、プロトコル が説明できる。
(3) インターネットプロトコル(TCP/IP)、ルーチング制御方式について理解し、説明できる。
(4) クライアント・サーバー(CS)型サービスとは何かを説明できる。
(5) アプリケーションプロトコルの例を説明できる。 
学科
(プログラム)
の学習・
教育目標
との関係
◎:(D) 
参考URL http://www.eng.akita-u.ac.jp/education/educationalgoals.html 
カリキュラム
の位置付け
「情報通信工学」、「情報理論と符号理論」を履修していることが望ましい。 
授業の
進行予定と
授業の
進め方
1回目:通信ネットワークの基本概念
2回目:通信ネットワークの基本要素と機能
3回目:ローカルエリアネットワーク
4回目:通信ネットワークの階層化モデル
5回目:データリンクレイヤとネットワークレイヤ(1)
6回目:データリンクレイヤとネットワークレイヤ(2)
7回目:データリンクレイヤとネットワークレイヤ(3)
8回目:IPマスカレード
9回目:レイヤ4:IPレイヤとトランスポートレイヤの関係
10回目:トランスポートレイヤの役割
11回目:TCPの詳細(1):セッション確立~信頼性のあるコネクション
12回目:TCPの詳細(2):フロー制御
13回目:クライアント・サーバシステム、アプリケーションプロトコル(1)
14回目:クライアント・サーバシステム、アプリケーションプロトコル(2)
15回目:クライアント・サーバシステム、アプリケーションプロトコル(3) 
授業に
関連する
キーワード
【キーワード】      
ネットワーク  パケット通信  インターネット  OSI参照モデル 
TCP/IP  プロトコル     
成績評価の
方法と基準
小テスト(50%)と課題(50%)により評価する。
評価のため毎回出席を確認する。全体の1/3以上欠席した場合は単位を認定しない。 
合否の基準
総点で60%以上を合格とする。 
教科書・
参考書等
番号 書籍名,著者,出版社等 ISBN
1. 教科書:マスタリングTCP/IP入門編 第5版、竹下・村山・荒井・苅田著、オーム社  978-4-274-06876-8 
関連URL
http://fujiwara.ie.akita-u.ac.jp/ 講義情報 
メッセージ
時間割
URL
http://www.eng.akita-u.ac.jp/education/schedule.html 
更新日付 2013-02-21 11:06:07.64


PAGE TOP