シラバス参照

科目コード 30914001 
授業科目名 テクニカルコミュニケーション(生命科学科) 
授業科目名英字
Technical Communication (Life Science) 
学期・曜日・時限 後期 金曜日 1・2時限
単位数
条件
必修 
対象年次
2年次 
授業形式
演習 
時間数
30 
担当教員名
【担当教員名】 【所属名】 【学内室番号】 【電話番号】
グレイブ エヴァ   生命科学  1-206  2840 
オフィスアワー
【曜日・時間】 【場所】
金曜日 14:30-15:30  1-206 



授業の
目的・概要
It's important for Life and Science students to understand basic concepts in Biology, Biochemistry and Physics in English, be able to read texts and answer questions about them, and write short reports. 
到達目標
1. Reading short texts introducing basic topics in science
2. Extracting information from texts
3. Writing short reports and presenting them in class 
コース
(プログラム)
の学習・
教育到達目標
との関係
カリキュラム上
の位置付け
授業の
進行予定と
進め方
1. Intro and Guidance

2. - 3. New Technology. Genetics, Cloning. Report/Presentation 1

4. - 5. Vaccines, Antibiotics, DNA.

6. - 7. Microscopy, Fingerprinting. DNA fingerprinting. Report/Presentation 2

8. Nanoparticles in medicine.

9. - 10. Atoms and periodic table. Fossils. Report/Presentation 3

11. - 12. Methods of Detection. Blood, body fluids, fibers.

13. - 14. Discovering the Universe. Radioactivity. Electromagnetism. Report/Presentation 4

15. Review and Consolidation. 
授業時間外の学習内容等
Substantial amount of time outside of class is required to prepare and practice for presentations. 
授業に
関連する
キーワード
【キーワード】
テクニカル  コミュニケーション  生命科学  技術英語 
成績評価の
方法と基準
4 reports/presentations worth 25% each. 
教科書・
参考書等
番号 書籍名,著者,出版社等 ISBN
1. Activate. Locke, J. Oxford University Press  978-0-19-839258-3 
メッセージ
英語能力は一夜にして身につくことはありません。毎日,少しずつ目標を持って学習しましょう。 
備考
更新日付 2019/02/26 15:17


PAGE TOP