シラバス参照

科目コード 33363040 
授業科目名 生物有機化学Ⅰ(有機化学) 
授業科目名英字
Bioorganic Chemistry I 
学期・曜日・時限 前期 月曜日 3・4時限
単位数
条件
必修 
対象年次
2年次 
授業形式
講義 
時間数
30 
担当教員名
【担当教員名】 【所属名】 【学内室番号】 【電話番号】
藤原憲秀  生命科学科  理工4-313  018-889-2440 
オフィスアワー
【曜日・時間】 【場所】
平日(月~金) 17:00~20:00  理工学部4号館 3階西側 313号室 



授業の
目的・概要
生命を担う生体物質は、有機化合物です。また、生命活動は、究極的には、化学反応と見なすことができます。従って、有機化合物の性質と反応を扱う有機化学は、生命科学の基盤を成す科目の1つと言えます。生物有機化学Ⅰでは、有機化学の基礎知識と基礎概念を生命科学と関連付けて習得することを目的とします。 
到達目標
生物有機化学Ⅰでは、生化学との橋渡しを意識して、生体内で起こる化学反応を説明する基盤としての有機化学の基礎を学びます。具体的には、分子構造を理解する基礎として、電子構造と結合という概念、酸と塩基および平衡の概念、立体配置と立体配座および異性体の概念を学びます。さらに、化学反応における熱力学と速度論およびエネルギーの概念と電子の非局在化と芳香族性という概念について、アルカンとアルケンおよび共役多重結合性化合物を例として学びます。最終的に、単純な有機化合物の性質と単純な反応の結果を予測できることが目標となります。 
コース
(プログラム)
の学習・
教育到達目標
との関係
生命科学分野における種々の課題を学生自らの力で解決する能力を育もうという教育目標に向け、生命科学の基盤を成す有機化学の基礎知識と基礎概念を身に付ける意義があります。 
カリキュラム上
の位置付け
基礎化学系講義に続く有機化学の講義であり、「一般化学」の知識を基盤として、さらに詳細に有機化学の基礎知識と基礎概念を学びます。生物と化学の境界領域である生化学においても、有機化学に基づく分子的思考は必須の基盤になります。 
授業の
進行予定と
進め方
教科書に沿って授業を進めます。
第1回 ガイダンスと電子構造と結合(1)
第2回 電子構造と結合(2)
第3回 酸と塩基
第4回 命名法・物理的性質・構造表示法(1)
第5回 命名法・物理的性質・構造表示法(2)
第6回 異性体(1)
第7回 異性体(2)とアルケン(1)
第8回 中間試験
第9回 アルケン(2)
第10回 アルケンの反応(1)
第11回 アルケンの反応(2)
第12回 アルケンの反応(3)とアルキンの反応(1)
第13回 アルキンの反応(2)と非局在化電子(1)
第14回 非局在化電子(2)
第15回 非局在化電子(3)
第16回 期末試験

講義の各回(開始後25分から10分間)小テストを行い、これによって出席状況と講義に取り組む姿勢の判断材料とします(小テストの解答用紙は終了後すぐに回収します)。
全16回の講義のうち、5回欠席した場合は、「不可」となります。理由があって欠席する場合は、必ず連絡して下さい。
中間試験と期末試験のうち少なくとも一方を理由なく欠席した場合は、「不可」となります。理由があって欠席する場合は、必ず連絡して下さい。 
授業時間外の学習内容等
「秋田大学の教育システム」(http://www.akita-u.ac.jp/kcenter/base/sistem.html)の「単位制と授業時間」の「(1) 単位の意味」に記載されているように、授業時間の他に教室外での学修時間(予習、復習)が必要です。2単位の講義の場合、30時間の授業の外に教室外で60時間学修し、試験等に合格することにより、2単位が認定されます。「生物有機化学Ⅰ」はこのシステムに従いますので、必ず予習と復習をして「有機化学」の理解を深めて下さい。 
授業に
関連する
キーワード
【キーワード】
有機化学  電子構造  結合論  酸と塩基 
異性体  アルケンとアルキン  求電子付加反応  非局在化電子 
成績評価の
方法と基準
最終的に中間試験と期末試験の成績と併せて評価します。これらの重みは小テスト20%、中間試験40%、期末試験40%とします。
総合点でおよそ以下の基準により成績を評価します(合格:S, A, B, C。不合格:D)。
S: 100-90点、A: 89-80点、B: 79-70点、C: 69-60点、D: 59-0点。 
教科書・
参考書等
番号 書籍名,著者,出版社等 ISBN
1. ブルース有機化学 第7版 (上)P. Y. Bruice 著、大船泰史ら監訳、化学同人、2014  9784759815849 
2. ブルース有機化学 第7版 (下)P. Y. Bruice 著、大船泰史ら監訳、化学同人、2014  9784759815856 
メッセージ
各回の講義資料(PDF)は、WebClass経由でダウンロードできるようにします。資料を印刷し、或いはタブレット・ノートPCなどで参照して下さい(講義中の参照も可とします)。印刷体は配布しません。 
備考
更新日付 2019/03/07 09:39


PAGE TOP