シラバス参照

科目コード 33364032 
授業科目名 分析化学Ⅱ 
授業科目名英字
Analytical Chemistry II 
学期・曜日・時限 後期 木曜日 1・2時限
単位数
条件
必修 
対象年次
2年次 
授業形式
講義 
時間数
30 
担当教員名
【担当教員名】 【所属名】 【学内室番号】 【電話番号】
近藤良彦  生命科学科  Ⅳ—311  2442 
オフィスアワー
【曜日・時間】 【場所】
月曜日・16:00~17:00  Ⅳ—311 



授業の
目的・概要
分析化学は、生物及び化学系の全ての学問を学ぶ上で必要な学問である。本講義では、まず、分析化学の基礎概念を学び、重量分析、容量分析、電気化学分析等の各種分析の原理と手法を理解する。また、クロマトグラフィーなどの分離技術、スペクトル解析法の原理と手法を習得する。更に、分析測定の精度と感度、誤差についても理解する。
本授業科目は「実務経験のある教員による授業科目」である。企業での様々な試料を使用し、製品開発を行ってきた経験をもつ教員が分析化学について教育を行う。 
到達目標
1. 容量分析、重要分析、電気化学分析の原理を理解・説明できる。
2. 溶媒抽出、クロマトグラフィー等によるイオンや分子の抽出・分離法の原理を理解・説明できる。
3. スペクトル解析の原理を理解・説明できる。
4.顕微鏡や分光法による構造解析の原理を理解・説明できる
5.実験の精度、感度、誤差について原理を理解・説明できる。 
コース
(プログラム)
の学習・
教育到達目標
との関係
分析化学は生命現象を化学的に理解するために必要な学問である。本講義は、本学科においてこれから学ぶ生物系・化学系の多くの講義を理解する上で極めて重要である。 
カリキュラム上
の位置付け
本講義は、基礎化学Ⅰ、Ⅱなどの物理化学系の科目と、基礎化学実験などを履修し、分析化学Ⅰを履修したあとに学ぶことを想定している。化学系 のどの分野にとっても必要とされるところであり、2年次の必修科目である。 
授業の
進行予定と
進め方
1.質量分析
2.沈殿平衡
3.沈殿反応と滴定
4.電気化学と酸化還元
5.酸化還元滴定
6.電位差滴定
7.ボルタンメトリー
8.中間試験
9.分光化学による分析手法
10.原子分光による分析手法
11.溶媒・固相抽出
12.クロマトグラフィー
13.液体クロマトグラフィー
14.電気泳動
15.反応速度解析
16.最終試験

何度か、レポート課題を課します。 
授業時間外の学習内容等
レポートは過程も含めて、詳しく記述してください。
また、予習・復習を怠らないこと。 
授業に
関連する
キーワード
【キーワード】
質量分析  滴定  分離・抽出  クロマトグラフィー 
電気泳動       
成績評価の
方法と基準
中間・期末試験(80%)、レポート等(20%)で総合的に評価する。総合点で、60点未満D、60点以上70点未満C、70点以上80点未満B、80点以上90点未満A、90点以上S とする。 
教科書・
参考書等
番号 書籍名,著者,出版社等 ISBN
1. 分析化学Ⅰで使用した教科書:原書7版「クリスチャン分析化学Ⅰ-基礎編」G.D.Christianら著、今任、角田監修 壹岐ら訳;丸善 も使う  978-4-621-30109-8 
2. 教科書:原著7版「クリスチャン分析化学Ⅱ-機器分析編」G.D.Christianら著、今任、角田監修 壹岐ら訳;丸善   978-4-621-30110-4 
3. 参考書:分析化学 梅澤喜夫著 東京化学同人  978-4807906376 
4. 参考書:図解入門よくわかる最新分析化学の基本と仕組み 津村 ゆかり著 秀和システ  978-4798022451 
5. 参考書:「定量分析化学」デー・アンダーウッド 共著;鳥居・康 共訳;培風館  978-4-563-04151-9 
メッセージ
備考
更新日付 2019/06/13 09:20


PAGE TOP