シラバス参照

科目コード 33513001 
授業科目名 生化学Ⅰ 
授業科目名英字
Biochemistry I 
学期・曜日・時限 前期 水曜日 3・4時限
単位数
条件
必修 
対象年次
2年次 
授業形式
講義 
時間数
30 
担当教員名
【担当教員名】 【所属名】 【学内室番号】 【電話番号】
伊藤 英晃  生命科学科  VBL3階 教官室3  3041 
オフィスアワー
【曜日・時間】 【場所】
12:00-13:00  VBL 3階 教員室 3 



授業の
目的・概要
1. 基礎生命化学,基礎生物学の知識をふまえ,生体内の化学反応を分子レベルで理解する。
2. 生化学の基礎的な理解力考察力を身につける。
3. 生化学の最新の話題について理解する。 
到達目標
1. 細胞の構造と機能を説明できる。
2. タンパク質の構造と生理機能を説明できる。
3. 酵素反応がを説明できる。
4. ヌクレオチドと核酸を説明できる。
5. 生体エネルギー論を説明できる。 
コース
(プログラム)
の学習・
教育到達目標
との関係
生命科学分野の基幹科目の一つ 
カリキュラム上
の位置付け
生体内の化学反応に関して,分子レベルで習得する段階と捉える。 
授業の
進行予定と
進め方
授業の進行に合わせ,複数回のレポートを課す。

第 1回 構造と触媒作用-化学結合
第 2回 構造と触媒作用-熱メルギー
第 3回 構造と触媒作用-アミノ酸
第 4回 構造と触媒作用-ペプチド,タンパク質
第 5回 タンパク質の一次構造,二次構造,三次構造,フォールディング
第 6回 タンパク質の生理機能
第 7回 酵素:作用機構 
第 8回 酵素:阻害機構,アロステリック酵素 
第 9回 中間試験
第10回 糖質と踏査生物学
第11回 ヌクレオチドと核酸
第12回 DNAを基盤とする情報技術
第13回 脂質
第14回 生体膜と輸送
第15回 バイオシグナリング
第16回 単位認定のための最終筆記試験 
授業時間外の学習内容等
生化学は覚えることが多いため,予習,復習をしっかり行い,内容を理解する。 
授業に
関連する
キーワード
【キーワード】
アミノ酸  ペプチド  タンパク質  酵素 
糖質  核酸  脂質  生体エネルギー 
成績評価の
方法と基準
中間試験(50%),期末試験(50%)によって評価する。その他,レポート課題も考慮する。 
教科書・
参考書等
番号 書籍名,著者,出版社等 ISBN
1. 教科書:レーニンジャーの新生化学「上」 第6版(廣川書店)  978-4-567-24406-0 
メッセージ
生化学の専門教育科目として,細胞内情報伝達機構に関する最新の知見を解説する。教科書を理解したことを前 提に授業を進行する。教科書にはまだ記載されない最新の話題も解説する。 
備考
更新日付 2019/03/11 09:33


PAGE TOP