シラバス参照

科目コード 33523065 
授業科目名 生物学実験Ⅰ 
授業科目名英字
Biology Experiment I 
学期・曜日・時限 第1Q 火曜日 5・6時限
第1Q 火曜日 7・8時限
第1Q 火曜日 9・10時限
第1Q 水曜日 5・6時限
第1Q 水曜日 7・8時限
第1Q 水曜日 9・10時限
単位数
条件
必修 
対象年次
3年次 
授業形式
実験 
時間数
90 
担当教員名
【担当教員名】 【所属名】 【学内室番号】 【電話番号】
疋田 正喜  生命科学科  VBL3階教員室2  3280 
伊藤 英晃  生命科学科  VBL3階教員室3  3041 
久保田 広志  生命科学科  VBL3階教員室4  3053 
田村 拓  生命科学科  理工学部7号館304  2377 
オフィスアワー
【曜日・時間】 【場所】
実験初日に説明する。    



授業の
目的・概要
蛍光顕微鏡を用いて細胞内小器官の観察を行うとともに、細胞からタンパク質を抽出して特定のタンパク質をウエスタンブロット法により同定し、細胞生物学的な解析や考察のしかたの基本を学ぶ。 
到達目標
1.細胞生物学実験に必要な実験器具の正しい取り扱い、操作ができる。
2.生物およびこれを構成する細胞と、これらが起こす生命現象を観察し、分子のレベルで正確に記載できる。
3.細胞を構成する生体物質の分離同定ができる。
4.実験のよって得られたデータを解析し、分子レベルで考察できる。 
コース
(プログラム)
の学習・
教育到達目標
との関係
カリキュラム上
の位置付け
生命科学の専門的な実験授業プログラム 
授業の
進行予定と
進め方
第1回 ガイダンス
第2回 大腸菌による組換えタンパク質発現準備
第3回 大腸菌による組換えタンパク質発現
第4回 組換えタンパク質の精製
第5回 精製タンパク質のタンパク定量とSDS-PAGEによる純度測定
第6回 精製タンパク質の生化学的性質の解析-分子量測定
第7回 精製タンパク質の生化学的性質の解析-生理機能解析
第8回 蛍光顕微鏡の正しい使い方
第9回 動物細胞の蛍光顕微鏡観察(1)標本の準備
第10回 動物細胞の蛍光顕微鏡観察(2)染色
第11回 動物細胞の蛍光顕微鏡観察(3)観察と記録
第12回 動物細胞からのタンパク質の分離同定(1)細胞の破砕と成分抽出
第13回 動物細胞からのタンパク質の分離同定(2)SDS-PAGE による分離
第14回 動物細胞からのタンパク質の分離同定(3)ウエスタンブロット法 による同定
第15回 実験結果の考察 
授業時間外の学習内容等
実習内容の予習と復習をすること。 
授業に
関連する
キーワード
【キーワード】
組換えタンパク質  発現・精製  生理機能解析  分子量測定 
蛍光顕微鏡  蛍光染織  タンパク質抽出  ウエスタンブロット法 
成績評価の
方法と基準
全ての授業に遅刻せず出席し、全ての実験に関しレポートを提出することを単位認定の基本とする。成績は、出席状況、レポート、実験態度等の結果を 総合的に判断する。 
教科書・
参考書等
番号 書籍名,著者,出版社等 ISBN
1. テキスト:実験内容に関するプリントを配布する。   
2. 参考書:染色・バイオイメージング実験ハンドブック(羊土社)  9784758108041 
3. タンパク質実験ハンドブック(羊土社)  9784758101790 
メッセージ
備考
更新日付 2019/03/14 08:25


PAGE TOP