シラバス参照

授業科目名/Course Title(J) 基礎微分積分学ⅡA 
授業科目名英字/Course Title(E)
calculus 2 
科目コード/Course Code 58312055 
単位数/Credits
時間数/Class Hours
15 
開講期/Semester 第2Q 
時間割/Schedule 第2Q 火曜日 1・2時限
対象年次/Academic Year
1年次 
必修・選択
/Required course・Elective course
必修 
授業形式/Course Format
講義 
履修する際に前提とする
授業科目/Previous course
基礎微分積分学I 
内容的に密接に関係する
授業科目/Related course
基礎微積分学IーIV,多変数微積分学I,II 
担当教員名/Instructor
張 雅麗  非常勤講師  学務課(連絡窓口)  018-889-3193 
オフィスアワー/Office Hours
【曜日・時間】/Meeting Day/Time 【場所】/Office
火曜1610-1740(質問教室)  般2-101 



授業の目的・
概要
/Course Description
/Outline
微分積分学の基礎概念と計算手法を学ぶ

特に,合成関数の微分則とその応用,定積分,不定積分について,
高等学校までに学習した内容を, さらに掘り下げて学ぶ 
到達目標
/Couse Objectives
合成微分則を応用して,直接計測が困難な速度などを間接的に求めることができる
関数の増減,凹凸と導関数,2次導関数の関係を説明できる
2次導関数を用いて極値の判定ができる
微分を持ちて簡単な関数のグラフが作図できる 
カリキュラム
上の
位置付け
/Positioning
of the
Course on
Curriculum
基礎微積分学I-IVで微積分学の初歩を学ぶ。

専門の内容をより深く理解するために基礎となる能力を習得する 
授業の
進行予定
と進め方
/Class Schedule and Format
テキストの2.4節「チェインルールの利用」,2.6節「微分を用いたグラフの作図」,3.1節「定積分の定義と意味」から3.4節「部分積分法と置換積分法」までを講義する

1 合成微分則(チェインルール)とその利用

2 関数の増減と微分,関数の凹凸と2次微分

3 グラフの作図

4 定積分の定義と意味(区分求積法の考え)

5 微分と積分の関係(微積分の基本定理)

6 不定積分

7 部分積分と置換積分法

8 期末試験とまとめ 
授業時間外の学習内容等
/Contents of
Out-of-Class Study
テキストの該当箇所を1行1行丁寧に読み,毎回の授業の目的と内容を再現する

テキストの「性質」と「例」を再現できるように理解し,問を解く

勉強方法で不安な点,内容で不明な箇所は,質問教室を利用して解決を図ること 
授業に
関連する
キーワード
/Course
Keywords
【キーワード】/ Keywords
チェインルール(合成微分則)  逆関数の微分  陰関数の微分 
対数微分法  関数の増減  グラフの凹凸 
変曲点  2次微分  極値の判定 
成績評価の
方法と基準
/Grading Criteria
試験の成績(80%)と講義で課すレポート(20%)により評価する 
教科書・
参考書等
/Textbook
/Reference
Books
番号
/No
【教/参の別】
/Textbook or Reference Books
【書籍名】
/Names of books
【著者】
/authors
【出版社】
/publisher
【ISBN】
1. 教  微積分練習帳  小林ほか共著  学術図書出版  4-7806-0641-6 
2. 参  高等学校で使用の数学II,III 教科書       
3. 参  Calculus  J Stewart  Brooks/Cole  0-538-49781-7 
メッセージ
/Messages
単に練習問題を解くだけでなく,将来に役立つより深い理解が求められる。 質問教室を積極的に利用して,正しく学ぶ姿勢を身につけることを推奨する。 
更新日付 2019/03/01 20:15


PAGE TOP